車の下取りの仕組み

車の下取りの仕組み

車を下取りしてもらう時に、次に同じメーカーの新車の購入を考えていればディーラーにて下取りしてもらう方法があり、その場合には他の中古車販売に回る必要もないですが、査定金額が想像以上に低かったということもあります。

 

ディーラーで下取りしてもらいますと、新車の購入時の交渉次第でオプションが安く購入できたり、下取りされた車の金額がそのまま購入費用から差し引かれることもできますので、新車購入時は通常よりも費用が安くできるのです。

 

下取りされた車もメーカーが提携している中古車販売業者に流れ、オークションや自社の販売店で売りますので、新車購入を検討している時にはこういう方法もあります。

 

しかし金額的なことや他のメーカーの新車を購入したい時には、買取業者にして買取ってもらうこともできます。

 

ただ直接買取業者に車を持ち込む際には、自分の車の特徴やアピールポイントを上手に伝えながらも値段のやり取りもできるくらいの交渉術を持っていませんと、満足できる金額がでないこともあります。

 

買取店も場合はそれなりの儲けを出さないと経営できなくなりますので、比較的売れ行きが良い中古車でしたら高い値段が付きますが、そうでなければ想像以上に低くなってしまいますので、下取りをしてもらう時にはディーラーか大手か個人かで見極めも必要になってきます。