車の下取りと買取りの違い

車の下取りと買取りの違い

車の下取りと買取りの違いをご存知でしょうか。
下取りは新しく車を買うことを前提に、車を買う店に対して今乗っている車を売却し、その金額を車を買う資金に充てることになります。

 

一方で買取りは、車買い取り専門店などに車を売ることで、必ずしも新しく車を購入する必要はありませんし、車を売って得たお金の使い道も自由です。

 

一般的に買取りのほうが下取りよりも高値で売れると言われており、買取りを選ぶ人が多いのも事実ですが、新しく車を買おうとしている場合は下取りのほうが有利なこともあります。

 

 

たとえば普通に購入する場合では値引きできないような金額を値引きしてくれることがあったり、オプションを無料でつけてもらえる可能性があるということです。

 

 

もし下取りに持ち込んだ車が他社の車であったら、他社ユーザーをひとつ奪い取ったことになりますよね。
それはとても嬉しいことです。
買取店では値段をつけてもらえないような古い車でも一定の値段で買い取ってくれたりするのにはそういう背景もあったりします。

 

もちろんこれは対応する人次第でもあるので、過度の期待は禁物です。