車買取り 基礎知識

車買取りの際に必要な書類

車買取りの際に必要な書類は、車検証、自賠責保険証明書、実印、印鑑登録証明書、運転免許証、自動車納税証明書などになります。

 

 

車検証は、車の戸籍謄本とも言われるもので、常時車内に携帯することが義務付けられているものです。

 

万一紛失した場合は、管轄の運輸支局で再発行してもらわなければなりません。
自賠責保険証明書は、車検ごとに次の車検時までの加入手続きの際にもらう加入証明書で、紛失した場合は保険会社で再発行してもらう必要があります。

 

実印は、車を購入する際に必須の鑑で、事前に市区町村役場で実印登録しておく必要があります。
印鑑登録証明書は、実印が確かに登録されたものであると証明された証書で、車買取りの際には、発行日から3カ月以内のものが必要になります。

 

 

売却を決意した時点で事前に準備しておくと良いでしょう。
自動車納税証明書は、毎年5月末までに納める自動車税の納税証明書で、紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらわないといけません。

 

結婚などで氏名が変わってから車検証の変更を行っていない場合には、他にも戸籍謄本や住民票が必要になるケースがあります。

 

 

ステップワゴンの高額買取り情報

車買取り前に知っておきたい基礎知識記事一覧

車の下取りと買取りの違い

車の下取りと買取りの違いをご存知でしょうか。下取りは新しく車を買うことを前提に、車を買う店に対して今乗っている車を売却し、その金額を車を買う資金に充てることになります。一方で買取りは、車買い取り専門店などに車を売ることで、必ずしも新しく車を購入する必要はありませんし、車を売って得たお金の使い道も自由...

≫続きを読む